飯豊歯科クリニック

  • 診療スケジュール

    ▲…14:30-18:30の診療となります。

  • ご予約・お問い合わせはお気軽に! 042-700-1825
  • 初診用WEB予約

総入れ歯

しっかりと役割を果たす入れ歯を

入れ歯は失った歯を補う装置です。それはつまり、歯の役割をしっかりと代わりに果たすようなものでなければいけないということです。

しっかり噛むことができ、残存歯と噛み合い、発音が適切にでき、顔貌を保持することが入れ歯には求められます。

ぐらぐらして噛めなかったり、装着するだけで歯肉に当たって痛かったりする入れ歯は、あまり良い入れ歯とは言えません。
義歯治療をする前よりも治療後の方が快適になっているべきだからです。

使い心地の悪い入れ歯を装着していると、咀嚼にしても、会話にしても、入れ歯が気になってしまいます。だからこそ、時間をかけて、高品質な素材で作製する総入れ歯がお勧めなのです。

高品質な自費診療の入れ歯

総入れ歯は床(しょう)と人工歯からなる片顎の全ての歯を補う装置です。保険診療でも治療が受けられますが、必要最低限の素材と設計になってしまいます。

そのため、最高のフィッティングを持つような入れ歯の作製は難しいと言えます。
高品質な義歯治療を受けたいという方は、自費診療の入れ歯を考慮してみてはいかがでしょうか。

自費診療の総入れ歯には、床の部分が金属でできている金属床というものがあります。
保険診療の入れ歯ではこの部分はレジンというプラスチックでできています。金属の場合は薄く、装着時に舌の動きが妨げられないため、違和感が少ないでしょう。
また、金属を通して熱が伝わるため、食物の感覚を感知しやすくなっています。

保険診療と自由診療の総入れ歯を比較

保険診療のレジン床義歯 自費診療の金属床義歯
噛む 慣れれば良く噛めるようになる 慣れるのが早く、よく噛める
精度 熱で変形しやすく、落とすと破折しやすい 精密でフィットしやすい
味覚 味覚が分かりにくい 温度を感じることができる
床の形状 厚さがあり、違和感がある 薄くて違和感が少ない
発音 床が舌の動きを妨げるため、発音しにくい 自然に近い状態で発音できる

自費診療の総入れ歯の種類

コバルトクロム床

コバルトクロム製のため、食べ物の温度を感じることが出来ます。
また、丈夫で壊れにくいため、長持ちするでしょう。チタン床に比べると、やや重いため、装着したときの感覚に差が出ます。

チタン床

インプラントの素材であるチタン製の床です。
飲食物の温度を感じることができ、丈夫で壊れにくいという特徴があります。
自然に近い装着感が得られます。

ミニインプラント義歯

通常のサイズよりも小さいインプラントを数本、顎の骨に埋入し、その上部に留め具を付けた入れ歯を装着するタイプです。
ホックのような形の留め具がインプラントと義歯をしっかり留め、安定させます。

  • 滅菌・感染予防
  • お知らせ
  • 歯の知識
  • スタッフブログ

採用情報

  • 歯科医師採用
  • 歯科衛生士採用
  • 歯科助手採用

お問い合わせ

  • ご予約・お問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ!
  • 042-700-1825
  • 初診用WEB予約

飯豊歯科クリニックでは、一人ひとりの患者様に合った、思いやりのある治療を行っています。特に意識しているのができるだけ歯を「抜かない」「削らない」という事。 悪いところを大幅に削って治してしまう歯医者さんもありますが、当然削った歯は二度と元に戻ることはありません。 最近は質の良い差し歯も多くありますが、当院ではやはり、ご自身の天然の歯が一番だと考えます。 当院では患者様の歯を残すという事を第一に考え、上記のような診療の流れをとっております。 飯豊歯科クリニックはこれからも南橋本、相模原にお住いの皆様のお口の健康を優しく、守り続けます。

アクセス・診療時間

飯豊歯科クリニック

〒252-0253

相模原市中央区南橋本1-12-14 善明メディカルビル402

診療スケジュール

▲…14:30-18:30の診療となります。