飯豊歯科クリニック

  • 診療スケジュール
  • ご予約・お問い合わせはお気軽に! 042-700-1825
  • 初診用WEB予約

歯の豆知識

その予約のキャンセル待った!!

2019年12月23日 (月)


「出張中、歯ぐきが腫れて痛くて参ったよ。歯医者の予約、夕方にいれてあったんだけど、平気になってきたぞ?キャンセルしちゃお。」

こんな方いませんか?しかしそのキャンセル待ってください!このまま痛みや腫れを放っておくと、ついには歯が抜けてしまいますよ。

 

・歯ぐきが赤く腫れている

・歯ブラシをすると出血する

・口臭が気になる

・朝起きたとき、口の中がネバネバする

・歯が長くなったような気がする。

・歯と歯の間に隙間がでてきた。以前に比べて食べ物が挟まる。

・歯がグラグラする

これらの症状は歯周病が原因である可能性が高いです。

 

 

歯周病は「沈黙の病気」と呼ばれているのを知っていますか?全く痛みがないままにゆっくり炎症が進んで、歯を支える骨が破壊され、ついには歯を失ってしまうという困った病気なんです。

とは言ってもまったく症状がないわけではありません。歯ぐきから血が出たり、歯が浮くような感覚があったりします。しかし痛まないから放っておく人が多いのも事実です。そしてもっと歯周病が進行すると、からだの抵抗力が落ちた時などに、ワッと急性の症状が出てきます。歯ぐきが腫れたり、膿が出たり、痛んでとても辛い症状です。

けれども、からだに抵抗力が戻ってくると、急性の症状は治まって痛みも引っ込んでしまいます。一見治ったように見えますが、残念ながらそうではありません。歯周ポケットの中で炎症を起こしている歯周病菌を徹底的に減らさない限り火元は消えないうえに、歯を支える骨はジワジワと破壊され続けていきます。だから、痛みがなくなったからといって歯医者の予約をキャンセルしないで、どの程度の症状なのか、ぜひ診てもらってください。

治療方法は手間と根気入りますが、非常に明解です。歯周ポケットの中や歯の根についた細菌の巣「プラーク(歯垢)」を取り除き、歯周病菌を減らして炎症を抑えます。スケーリングやルートプレーニングという外側からのお掃除が基本となりますが、あまりに深くプラークが入り込んで、外側から掃除しきれないときは、歯ぐきを切開して隅々まで綺麗にお掃除することもあります。

これらは細菌を減らすのが目的なので、じつは患者さんの歯みがきも立派な治療なんです。歯磨きの詳しい方法が知りたい方はぜひ歯科衛生士にご相談ください。

しかし、深い歯周ポケットの奥に歯ブラシは届かない上に、プラークが石灰化した硬い歯石は自分では取ることができません。そこで歯医者の腕が必要となるわけです。

ただ治療には限界があります。重度の歯周病だと手の施しようのないこともあります。手遅れにならないうちにぜひ治療をはじめましょう。

 


カテゴリー: 未分類

お問い合わせ

  • ご予約・お問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ!
  • 042-700-1825
  • 初診用WEB予約

飯豊歯科クリニックでは、一人ひとりの患者様に合った、思いやりのある治療を行っています。特に意識しているのができるだけ歯を「抜かない」「削らない」という事。 悪いところを大幅に削って治してしまう歯医者さんもありますが、当然削った歯は二度と元に戻ることはありません。 最近は質の良い差し歯も多くありますが、当院ではやはり、ご自身の天然の歯が一番だと考えます。 当院では患者様の歯を残すという事を第一に考え、上記のような診療の流れをとっております。 飯豊歯科クリニックはこれからも南橋本、相模原にお住いの皆様のお口の健康を優しく、守り続けます。

アクセス・診療時間

飯豊歯科クリニック

〒252-0253

相模原市中央区南橋本1-12-14 善明メディカルビル402

診療スケジュール