飯豊歯科クリニック

  • 診療スケジュール
  • ご予約・お問い合わせはお気軽に! 042-700-1825
  • 初診用WEB予約

歯の豆知識

硬めの歯ブラシはNG!?

2020年2月3日 (月)

「歯周病で血が出るときは、溜まった血を全部出すといいらしい!」

と言って、硬いブラシで思いきりこすっている方いませんか?だだでさえ炎症で充血して歯ぐきが破れやすくなっているのに、硬い歯ブラシでゴシゴシ磨いたら、表面はズルむけですよ。

「悪い血は出してしまった方がいい」なんて昔の民間療法です。歯周病を治療したいなら、歯ぐきを破って傷つけて出血させても百害あって一利なし。そんなことをすると歯ぐきが痛くなって、歯みがきができなくなってしまいます。こうなるとしばらくは、歯みがきするのがとても辛いでしょう。

歯周病でブヨブヨになった歯ぐきは、悪い血が溜まって腫れているのではありません。お口の中の細菌のせいで、歯ぐきに炎症が起こって腫れているのです。

歯ぐきを赤黒く腫らす細菌は、歯にベタベタつくプラークのなかにウジャウジャいます。だから、歯ぐきの腫れを治すいちばん効果的な方法は、口のなかをよく掃除してプラークを取り、細菌を少なくするこなのです。

どんな人の口のなかだって、1日たてばプラークが溜まります。そこで毎日歯ブラシでていねいに掃除をすることは、単なるケアにとどまらず歯周病の大切な治療でもあります。だから毎日のていねいな歯みがきは、歯周病治療の大前提です。

硬い歯ブラシでゴシゴシすると痛いからすみずみまでていねいに掃除できないでしょう。だから、歯ぐきの腫れている人にはことに、軟らかい歯ブラシをおすすめします。毛先を歯と歯ぐきの境目にやさしく当て、細かく震わすように動かすと、軟らかい毛先が歯のすき間によく入り込んで、しっかりプラークを取り除いてくれます。

それから、プラークは歯ぐきの溝やポケットのなか、その周りに溜まった歯石にも入り込んでいます。歯石は自分では取れないから、歯科医院できれいに取ってもらいましょう。そうすると歯ぐきの溝やポケットのなかに隠れた細菌もお掃除することができます。

しばらくは痛いだろうけど、歯みがきをサボるとますます腫れてしまうので、柔らかい歯ブラシでソフトなお掃除を続けてください。そして歯石取りが終われば、みるみる腫れが引いてピンクの歯ぐきになるはずです。

ぜひ歯科医院へ足を運んでみてください。当院では、歯周病の新しい治療法である歯周内科治療を行っております。歯周病を細菌による感染症と捉え、菌を退治する治療法です。
まずは、家族やパートナーの方と一緒に歯周病検査を受けてみてはいかがでしょうか。


カテゴリー: 未分類

お問い合わせ

  • ご予約・お問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ!
  • 042-700-1825
  • 初診用WEB予約

飯豊歯科クリニックでは、一人ひとりの患者様に合った、思いやりのある治療を行っています。特に意識しているのができるだけ歯を「抜かない」「削らない」という事。 悪いところを大幅に削って治してしまう歯医者さんもありますが、当然削った歯は二度と元に戻ることはありません。 最近は質の良い差し歯も多くありますが、当院ではやはり、ご自身の天然の歯が一番だと考えます。 当院では患者様の歯を残すという事を第一に考え、上記のような診療の流れをとっております。 飯豊歯科クリニックはこれからも南橋本、相模原にお住いの皆様のお口の健康を優しく、守り続けます。

アクセス・診療時間

飯豊歯科クリニック

〒252-0253

相模原市中央区南橋本1-12-14 善明メディカルビル402

診療スケジュール