飯豊歯科クリニック

  • 診療スケジュール

    ▲…14:30-18:30の診療となります。

  • ご予約・お問い合わせはお気軽に! 042-700-1825
  • 初診用WEB予約

歯の豆知識

予防の常識・非常識

2018年12月3日 (月)

《常識1》

✕歯医者さんは痛くなってから行けばいい。

◯痛みのないときから通うのが◎です。

「痛くなければ歯医者さんに行かなくてもいい」と考える方も多いのですが、実はむし歯も歯周病も、その進行具合を痛みで判断する事はとても難しいのです。

むし歯で痛みが出るのは、歯に穴が開いてからしばらくの間だけです。炎症で神経が死ぬと、悪化していても痛みは消えてしまいます。また、歯周病は痛みなく進行し、痛むころには手遅れで、治療をしても歯を救えないケースも少なくありません。

痛みがないときに治療をすれば痛くないものも、痛みがあるときに治療をすると、痛みがでる場合もあります。

そうならないために大切なのが、定期的な歯科受診です。プロの目や専用の機械でお口の状態をチェックしてもらうことで、むし歯や歯周病の徴候が早めに見つかりますし、それを改善するための対策や指導もしてもらえます。

痛くなる前から通って、トラブルの芽を事前につめれば安心ですね。

 

《常識2》

✕歯ブラシだけでお口のお手入れはカンペキ!

◯歯ブラシだけでは絶対に磨けない場所があります。

 

歯ブラシ1本だけでお口のお手入れはカンペキ?残念ながらそうではありません。歯と歯の間(隣接面)、歯周ポケットの奥などいくら磨き方が上手でも、歯ブラシの毛先が届かない場所があるからです。

特に隣接面は、むし歯や歯周病のリスクが高いところ。ツルツルした歯面はもともとプラークがたまりにくく、むし歯のリスクが低い場所なのにに対し、隣接面は歯ブラシが届きにくくプラークもたまりやすいのです。

歯ブラシだけではみがけない場所をきれいにするには、デンタルフロスやタフトブラシ、歯間ブラシをセルフケアに取り入れるのに加え、歯科医院で定期的にクリーニングをしてもらいましょう。毎日の歯磨きで取り残した汚れも、しっかりと落としてもらえます。

 

《常識3》

✕歯みがき剤はどれも似たようなもの。

◯むし歯予防のためにはぜひフッ素(フッ化物)配合の物を!

ドラッグストアや歯科医院に並ぶ歯みがき剤。「どれも同じだ」という方もいらっしゃるかもしれません。ですが、むし歯予防のためにはぜひフッ素(フッ化物)配合の物をお選びください。

実際、子どものむし歯はフッ素入り歯みがき剤の普及にともない減少し、今では12歳児では1本ほどになりました。もちろんフッ素は大人にも有効です。

なかでも歯科医院の歯みがき剤は、むし歯予防の効果が確認されているフッ素濃度が配合され、濃度もきちんと明示されています。歯みがき剤選びに困ったときは、ご自分に合ったものを歯科医院で選んでもらいましょう。

 

《常識4》

✕削って詰めた歯は、むし歯の心配なし。

◯詰め物・被せ物をした歯こそ再発にご用心!


削って詰めた歯は、「これでもう治った」と安心しがちですが、歯と詰め物の境目にプラークがたまると、そこからまた新たなむし歯ができてしまうことがあります。

歯科ではこれを「二次う蝕(むし歯)」と呼んでいます。歯科医師がうまく詰めても、人工物である詰め物や被せ物と天然歯は全く違うものでできているので、ミクロの目で見るとどうしてもいくらか段差ができ、そこに細菌がくっつきやすいのです。

詰めた歯、被せ物をした歯は、いつも気にかけてよくみがくこと。そして、新たなむし歯ができていないか歯科医院で定期的にチェックしてもらいましょう。

 

《常識5》

✕インプラントを入れたから歯周病はもう大丈夫。

◯インプラントも歯周病になります。

 

「インプラントは歯周病の心配はない」そんな風に思われるかもしれませんが、実はインプラントも❝歯周病❞になります。

インプラントの歯周病は「インプラント周囲炎」と呼ばれ、歯周病が歯石やプラークが原因で起きるのと同様に、インプラントの周りに歯石やプラークがたまると炎症が起こります。やっかいなことに自覚症状が出にくく、膿が出るなと気づいたときには重症化しているケースが多いのです。

中にはそれが原因でせっかくいれたインプラントが抜けてしまうという場合もあります。

せっかく入れたインプラント。長持ちさせたいですよね。それには治療が終わってからも歯科医院で定期的にチェックを受け、クリーニングしてもらうのがいちばんです。

 

 


カテゴリー: 未分類

お問い合わせ

  • ご予約・お問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ!
  • 042-700-1825
  • 初診用WEB予約

飯豊歯科クリニックでは、一人ひとりの患者様に合った、思いやりのある治療を行っています。特に意識しているのができるだけ歯を「抜かない」「削らない」という事。 悪いところを大幅に削って治してしまう歯医者さんもありますが、当然削った歯は二度と元に戻ることはありません。 最近は質の良い差し歯も多くありますが、当院ではやはり、ご自身の天然の歯が一番だと考えます。 当院では患者様の歯を残すという事を第一に考え、上記のような診療の流れをとっております。 飯豊歯科クリニックはこれからも南橋本、相模原にお住いの皆様のお口の健康を優しく、守り続けます。

アクセス・診療時間

飯豊歯科クリニック

〒252-0253

相模原市中央区南橋本1-12-14 善明メディカルビル402

診療スケジュール

▲…14:30-18:30の診療となります。